PC周辺機器

SANSUI SMC-300BT の真空管交換 その後

SANSUI SMC-300BT の真空管を Tung-Sol 12AX7A (ロシア製)に交換後、低音から高音まで音がしっかりして、全体的に爽やかな音質のように感じ、真空管により音質に大きな差があることに驚きました。

300bt-1

低音域や高音域が伸びた結果、SANSUI SMC-300BTのセットスピーカーでは、音が窮屈な印象を受けたため、スピーカーとスピーカーケーブルを交換しました。


続きを読む

SANSUI SMC-300BT の真空管交換

レトロモダンなデザインと優しい音色の SANSUI SMC-300BT。
真空管プリアンプへの興味もあり、ワークスペース用に購入しました。
しばらくは、そのまま聴いていたのですが、左チャンネルの音場がやや弱いように感じられることと、真空管の交換による音色の違いを確認したくなり、真空管を交換してみました。

300bt-1

続きを読む

WG1800HP4 中継器モード時のクイック設定の起動

中継器用に Aterm WG1800HP4 を購入したのですが、親機との相性が悪くWPSでの設定ができませんでした。このため、手動設定により接続しました。

手動の場合には、クイック設定画面からの設定となりますが、中継器が親機に接続されていない状況では、「Aterm検索ツール」を使っても中継器を見つけることはできませんので、強制DHCPサーバー機能を使う必要があります。

続きを読む

STYLISTIC Q702/G の分解とSSDの換装

Windowsタブレット STYLISTIC Q702/G は、2013年発売の機種ですので、かなり旧機種の部類になると思いますが、第3世代のCore i5 CPUを搭載し、BIOSもアップデートされており、Windows10にも対応していますので、モバイル用のサブ機としてはまだ十分使えます。
ペンタブレットですが、作りのしっかりした専用キーボードと合わせてノートパソコンのようにも使えるところも便利です。少し残念なところはSSDの容量が64GB

SSDが安価になりましたので、分解し換装しました。

換装に使用したSSDは、SUNEAST 256GB mSATA SSD です。



続きを読む

無料ツールによるGPT形式HDD(SSD)のクローン

EaseUS Todo Backup Free を使用してGPT形式のシステムディスクのSSDクローンを作成する手順です。システムクローンによるSSDが換装後に起動できなかった場合に有効な方法です。

《条件》
・OSはWindows10
・クローン先のSSDは、外付けケースを使ってUSB接続しています。

《作業の流れ

・クローン用の新しいSSDをGPT形式で初期化
・EaseUS Todo Backup Freeを使用してクローンを作成
 (EaseUS Todo Backup Free は、公式HPから入手)

続きを読む